YubinBangoというまあ郵便番号から住所検索するよくあるやつだけど、HTMLのclassベースでできるのでとても便利なやつがある。
これを Rails で Turbolinks 使いながらやる場合は一手間必要ですよというお話。(Rails 5.0.1, Turbolinks 5.0.1)

まずは app/views/layouts/application.html.erb に下記を加える。

<script src="https://yubinbango.github.io/yubinbango/yubinbango.js" charset="UTF-8"></script>

次にフォームに class を仕込んでいく。
form_for に直接 h-adr を仕込んでもいいけど div にしておけば自宅・勤務先のように、1つのフォームに複数配置できる。

  <div class="h-adr">
    <span class="p-country-name" style="display:none;">Japan</span>
    <div class="form-group">
      <%= f.label :zip_code, class: "col-sm-2 control-label" %>
      <div class="col-sm-2">
        <%= f.text_field :zip_code, class: "form-control p-postal-code" %>
      </div>
    </div>
    <div class="form-group">
      <%= f.label :address, class: "col-sm-2 control-label" %>
      <div class="col-sm-10">
        <%= f.text_field :address, class: "form-control p-region p-locality p-street-address p-extended-address" %>
      </div>
    </div>
  </div>

これで基本的には大丈夫なのだが、このままでは下記のようになってしまう。

要するに、turbolinks 経由で遷移すると動かない。
なので app/assets/javascripts/application.js に一手間加えてやる。

$(document).ready(function() {
  $(document).on('turbolinks:render', function() {
    if ($('.h-adr').length) {
      new YubinBango.MicroformatDom();
    }
  });
});

turbolinks:render は遷移する度に発生するので、その度に h-adr を class に持つ要素があれば手動で実行してあげればよい。